ふれあい広がり間取りの設計  

一日中いても飽きない楽しい家。 

20_12.jpg
このふれあい広がり間取りの設計は、私たちの家づくりのこだわりの一つです。
私たちは、壁をたくさん使って部屋を細かく区切った家が嫌いなんです。


昔の家は、部屋を細かく区切らず に広々とした部屋が繋がっていました。
決して、閉鎖的な間取りの家はつくりませんでした。


“家のつくりようは夏をもって旨とすべし”と吉田兼好は「徒然草」の中で
こう著しています。


日本の気候風土は高温多湿で、特に夏の暑さは半端でなくうだるよう蒸し暑さです。
冷暖房の無い昔の家づくりは、夏の暑さを凌ぐために、南面の窓と北面の窓を開けて風の通り道をつくって、心地よい自然の風を取り込み夏の暑さを凌いでいました。         


外に向かって大きく開かれた間取りと、風の通り道を考えた間取りは、自然の風が
家の中を吹き抜けていくことができます。それに湿気や空気のよどみを無くしてくれます。


それに比べて現代の家づくりはどうでしょうか?
吉田兼好が著した、{家のつくりようは夏をもって旨とすべし}の教えを持って、家づくりを

考えている人、家を設計する人、家を建てる人,どれ程の人がいるでしょうか?


毎週、土曜の朝刊に入ってくる,建売住宅のチラシに載っているプランを見るたびに
「どうして、こんなプランで家をつくるのか?」どこのチラシもみな同じで、思わず
悲しくなってしまいます。

 
30坪の家って、どの位の広さか想像つきますか?
畳の枚数で言うと60枚、なんと60畳もあるんですよ!すごく広いと思いませんか?
 

この60畳の大きな空間も、細かく区切った間取りにすると、結局は狭い家になってしまいます。


部屋を細かくすると、その部屋に行くために廊下が必要になります。
廊下を中心にそれぞれの部屋がみな繋がっています。まるで小部屋の集積回路のようです。

しかも、家の形は箱のようになってしまいます。


風通しの良い家を、つくりたいと思っても、家の中がそのような間取りになっていなければ、
風はどうやって吹き抜けていくのでしょうか?

入口があっても出口がなければ風は通り抜けられません。


私たちのプランニングは家族の絆とふれあいを深める「ふれあい広がり間取りの設計」
で間取りを提案しています。

20_14.jpg

「ふれあい広がり間取りの設計」 8つのポイント

(1)玄関は独立させる。

玄関は家族空間への入口です、靴を履いたり、脱いたりする所です。間違っても
ホールや廊下や階段の起点ではありません。


(2)玄関は家族空間に直結します。

玄関が家族空間の入口なので、お客様を直接、家族空間に暖かくお迎えするという
ことが一番よいはずです。玄関と家族空間の仕切りは引き戸にする。


(3)家族空間は、一体的に広くつくる。

リビング、ダイニング、茶の間、畳の間、書斎、などみんなが集まる家族空間は、
広がりのある空間として一体的に、豊かにつくるべきです。なぜなら、ここが
一番、家族のふれあう空間だからです。


(4)階段は一、二階の生活空間を結ぶ通路である。

間違っても階段は玄関のある空間につくらないでください。
階段は家族の集まる、家族空間につくってください。


(5)吹き抜けは家族空間につくること。

間違っても、吹き抜けは玄関につくらないで下さい。
見てくれだけの広がりに過ぎず無意味です



%E5%90%B9%E3%81%8D%E6%8A%9C%E3%81%91%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%91%E3%82%B9.JPG


吹き抜けは、家族の集まる家族空間につくってください。
家族空間に吹き抜けをつくる目的は、一、二階の生活空間を一体的

に広がりを連続させることが主眼にあるからです。しかも、
一、二階の家族のふれあいをつくることができます。


(6)子供部屋は可変型の空間につくる。

子供達はあっという間に大きくなります。
子供達が家を出た後は空き部屋か納戸になる、従って、家具などの移動によって、

間仕切りが対処できるようにする。子供の生活は子供部屋という個室に限定され
るものではない。まだ小さい時は、家中に展開するのが一般的です。



%EF%BC%92%EF%BC%A6.JPG



二階ホールに家族のみんなで共用するファミリールームをつくってください。
吹き抜けに面しているといいですね。子供の遊び場に、勉強のスペース

に、お父さんの書斎にも、お母さんの趣味のスペースにもなり、
家族のみんながふれあう,共用の場として活用ができます。


(7)お年寄りのスペースは家族空間に結ぶ

三世代共用住宅になります。お年寄りは家族空間に近く、暖かいふれあいを、
一番に考えて下さい。
 

(8)引き戸を多用する。

生活空間に広がりがでます。引き戸を多用して、部屋を区画しておくのが最良です。
完全に連続性を求めるなら、壁の中に、引き戸を引き込んでしまえば、より広く

使える。引き戸は全部開けても良い、引き戸は生活空間、に連続性と一体感を
簡単につくることが出来る優れものなのです。   
            

家の間取りは家族のふれあいと、家族の暮らし方に大きな影響を与える大事な
要素です。無駄な廊下はつくらない、空間を細かく区切らない、家族空間に吹き抜けを

とって、広々と暮らす、間取りは、時が経って、家族構成の変化に柔軟に対応できる
頑丈な大空間構造で考えるべきです。将来を見据えた賢い家づくりを考えて下さい。

お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
コメント欄