施工進捗日記 

動物愛護センター新築工事始まりました。 

2017/12/14

皆様こんにちはいつも弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
今日は「動物愛護センター新築工事」の進捗をお届けします。
現場の状況説明の前に少し動物愛護センターのお話をさせて頂きます。
川崎市のホームページで「川崎市動物愛護センター整備基本計画 」と検索するともっと詳細なことが書かれているのですが、今回は概略を抜粋させていただきます。『人と動物の共生する社会の実現を図るための中核施設として、動物愛護センターは、「いのちを学ぶ場」、「いのちをつなぐ場」 、「いのちを守る場」としての役割を担い、下記の 4 つの機能を果たすため、多様な主体と連携・協働しながら具体的な取組を実践する拠点とし、『動物を通じて、誰もが集い、憩い、学べる交流施設』として整備を行います。 』という文言が書かれています。
川崎市が2016年度に殺処分した犬はゼロでした。犬の処分ゼロは4年連続。猫は4匹を処分したそうですが、この4匹は保護された時点でもうすでに生き続けることが難しい状態にあった苦渋の決断の上に行われたとの事。また、15年度より5匹も減ったそうで、ボランティアさんやセンターの職員の方々がどんなに努力をされているのかを数字からも理解していただけるのではないでしょうか。今は蟹ヶ谷にある同センターは社会情勢の変化により、当初の役割と現在の役割が大きく変わってきています。この変化に伴い建設後 40年が経過し、施設や設備の老朽化、狭あい化等により十分にその役割を発揮しがたい状況となっていることから現在建設中のこの場所に移し新たに動物の飼い主、飼養希望者、ボランティア、動物愛護団体、児童、生徒、大学生、動物病院、動物取扱業者等の他多くの市民等 が人と動物が共生できる社会を目指す新たな取り組みの中核拠点としての役割を担う為に作られるとの事です。無責任に捨てられたり、脱走して帰り道がわからなくなった迷子犬や野良になってしまった猫をボランティアさん達と協力し合い新しい里親さんを見つける等の活動をしてこれからも殺処分がなくなっていくように祈ります。またこの近隣には小学校や高校又川崎市内の中学校に給食を提供する中部学校給食センターがあります。近隣に迷惑をかけないように完成後も周辺の住民の方からも愛されるような施設になる様に熟考を重ね設計されているとの事、今から完成が楽しみです。
(画像クリックで拡大します。)

10月末ごろから本格的に工事が始まったこの現場、前の建物があった時に使用していた杭の抜根作業から始まり今回の建物に使用される杭工事と並行して11月の初旬に現場事務所が完成、11月の末には杭の打設工事が終わり杭工事に使用されていた大型クレーの解体搬出作業が行われました。
(画像クリックで拡大します。)
  
  

現在は、残土の搬出作業中です。ショベルカーで先日打った杭のあたりまで丁寧に掘られ大型ダンプに乗せられ搬出されていきます。
(画像クリックで拡大します。)
   

杭の頭が見えました。
(画像クリックで拡大します。)
 

これから建物が作られる範囲がこの深さまで掘られ残土が搬出されていきます。平成30年12月末日竣工予定に向けて工事は着々と進んでいます。同施設の開所は平成30年度中を予定されています。今日のところはここまでで、又次回に進捗リポートをお届けできたらと思います。最後までご拝読ありがとうございました。


「にじのそら溝の口保育園新築工事」始まっています。 

strong>2017/11/22

皆様こんにちはいつも弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

今日は9月末より始まりました(仮称)「にじのそら溝の口保育園新築工事」の様子をお届けします。
この現場は溝の口駅より歩いて15分弱のところにあり近くには、KSP(神奈川サイエンスパーク)やマンション、公園があり南武沿線道路から少し入った通りに面しているので交通量もそれ程多くなく静かな所です。近隣には小学校や中学校、高校等学校が多く点在しています。地図でご覧いただければ一目瞭然ですね。

(画像クリックで拡大します。)

9月末~10月上旬は皆さんご存知の通り雨の多い日々だったため現場もかなりご苦労なさったとの事、無事ピットのコンクリート打設を終え1階スラブ部分の配筋作業中にお邪魔しました。
今回打設部分の配筋はほぼ終わり配筋検査がもうすぐとの事、天候等諸事情で遅れ気味だった工程を進めるべく職人さん達はいつにも増して忙しそうでした。24日金曜日は鉄骨検査の予定との事まだまだ忙しい日々が続きます。

(画像クリックで拡大します。)
 


写真を見ていただくとお解り頂けると思うのですがピットの周囲はまだ埋め戻されていません27日以降には埋戻し工事が行われるとの事、埋められてしまったら見えなくなってしまう部分をのぞいてみると私だったら余裕で埋まってしまうくらいの深さです。2m位との事土留め工事も大変で雨が多い時期だったので施工予定の部分に水が溜まってしまったりご苦労なさったとの事。こうして出来上がったピット部分、私個人的には見えなくなってしまうのがもったいないような気もするのですが...
まだまだ工事は続きます。これから寒い季節になり現場で作業される皆さんも大変な時期になりますが、体調に気を付けて頑張っていただきたいと思います。
今日のところはここまでで、又次回に進捗リポートをお届けできたらと思います。
最後までご拝読ありがとうございました。


中野島中学校改修工事順調です。 

2017/10/10

皆様こんにちはいつも弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

今日は「中野島中学校校舎・体育館改修その他工事」のプール外壁工事や屋上の防水改修工事の様子をお届けします。
前々回のブログにも取り上げさせて頂いたこの現場、前回解体されたコンクリートの壁は撤去され今日はプール廻りのステンレスフェンスの取り付け作業が行われていました。

(画像クリックで拡大します。)


フェンスの取り付け前に塗装され取付位置に養生テープの上に墨出しが行われてアンカーボルトが設置されていました。このボルトでステンレス製の支柱を支え支柱と支柱をつなぐ横桟の間にポリカーボネイトの板を取付ける仕様になっています。下の写真は取付けるフェンスと取付けたところです。この縦桟に横桟を取付けていきます。

(画像クリックで拡大します。)


又、屋上の防水が浮いた部分は再度接着しなおす為にエアーコンプレッサー付のケレン用ハンマーで斫っていきます。この防水層はアスファルトで出来ています。

(画像クリックで拡大します。)


斫られたアスファルトは上部写真右側の様に一辺だけ残されて四角く切られていますので切られた部分を持ち上げてトーチで炙りアスファルトを溶かして再密着させます。ヘラで押さえて隙間を埋めれば防水層の補修は終了です。

(画像クリックで拡大します。)
 

今回はこの上に断熱材を貼ります。わずかに隙間を開けて点で止め付け空気の通り道も確保します。この上にまたアスファルトルーフィングを貼り防水加工ををしたら完成です。冷暖房の効率も上がり最上階でも過ごしやすくなることでしょう。

(画像クリックで拡大します。)
 


このほかに、屋上部分にエアコンの室外機を載せたりソーラーパネルを取付ける架台工事も控えていますのでまだまだ工事は続きます。先に出来上がった体育館は役所の部分使用検査を終えて生徒さん達が使い始めていました。新しくなった体育館を生徒さん達が走り回る姿はやはりいいものですね。
今日のところはここまでで、又次回に進捗リポートをお届けできたらと思います。
最後までご拝読ありがとうございました。


プール外壁工事始まりました。 

2017/8/2

皆様こんにちはいつも弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

今日は「中野島中学校校舎・体育館改修その他工事」プール外壁の解体工事の様子をお届けします。
このプール実は屋上に設置されているので解体工事もなかなか大変なのです。

(画像クリックで拡大します。)


プールサイドに養生の為のベニヤ板が敷かれユンボが入る準備が整ったところでユンボを屋上までクレーンで釣り上げます。地上から約15mのプール棟屋上にユンボが入って解体工事が開始されました。

(画像クリックで拡大します。)

  

ユンボが入れないところは人力での解体です。残すところもありますので墨出し終了後養生をして解体開始です。機械で出来ない細かい所も人力で丁寧に行います。

(画像クリックで拡大します。)

  

この解体が終わるとフェンスを取付けるための基礎工事が行われます。夏休み期間を利用して音の出る工事は行われていますので夏休みを終えたころには新しくなったプールの姿が見れることと思います。まだまだ工事は続きます。近隣の皆様や学校関係者の皆様には何かとご不便をお掛けする事と思いますが今しばらくご理解ご協力の程よろしくお願い致します。
今日のところはここまでで、又次回に進捗リポートをお届けできたらと思います。
最後までご拝読ありがとうございました。


中野島中学校校舎・体育館改修その他工事始まりました 

2017/6/23


皆様こんにちはいつも弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

今日はやっと現場事務所が出来上がった「中野島中学校校舎・体育館改修その他工事」の進捗をお届けします。校庭の片隅に2階建ての現場事務所が設置されていよいよ本格的に改修工事が始まります。

(画像クリックで拡大します。)


中野島中学校は今年創立57年目を迎える学校です。多摩川から引かれている二ヶ領用水が直ぐ脇を流れていて緑の豊かな所ですが駅からも徒歩5分と交通の便も良い所です。生徒数は約800名、マンモス校といわれるだけあって校舎も広く教室移動が大変そうです。今回は校舎の内外装、トイレ、エレベーター、体育館の内外装、床、トイレ、学校屋上にあるプールの壁の撤去及びSUS製の手摺の新設やプールろ過器の内部塗装やろ過材の交換を行います。
まずは足場工事から始まります。本格的な工事は生徒さんたちが休みに入る夏休みから開始するのですが、如何せんボリュームがある工事なので休みに入ったらすぐ手が付けられるように着々と準備を進めております。

(画像クリックで拡大します。)


工事関係者各位様には大変だとは思いますが、無事故・無災害で熱中症に留意頂き元気に夏が乗り切れますようお祈り申し上げます。又中野島中学校関係者の皆様には工事中何かとご不便をおかけしますがご理解ご協力の程よろしくお願い致します。
今日のところはここまでで、又次回に進捗リポートをお届けできたらと思います。
最後までご拝読ありがとうございました。


始まります。 

2017/4/28

皆様こんにちはいつも弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
ゴールデンウイークはいかがお過ごしですか?
今年は春先になってもインフルエンザが猛威を振るい学級閉鎖になった学校も多かったと報道がありましたが皆様は大丈夫でしたか?
「インフルエンザの予防接種をしてもインフルエンザにかかってしまう、でも罹患しても軽くて済む」のは皆様ご存知かと思いますが、「予防接種の有効期間が5ヶ月しかない」ことはご存知でしたか?
今年は暖冬で流行期間が予測の1ヶ月遅れで来たので10月~11月に予防接種を受けた人は有効期間が切れていてさらに「酷い目にあった」方も多々いらっしゃったとか、GWにリフレッシュされた方も余計に疲労してしまった方もこの梅雨前の気候の良い時期に体調を整えて来る梅雨を元気に乗り切れるようご自愛くださいませ。ではそろそろ本題に戻して


「川崎市港湾振興会館3階軒天外壁パネル改修工事」始まります。
(画像クリックで拡大します。)

「川崎市港湾振興会館」と聞いても「何処??」っと思われる方多々いらっしゃると思いますが「川崎マリエン」と言えばご存知の方も多いのではと思います。
川崎市内の公立小学校に通っている子供達は社会科で「京浜工業地帯」の勉強をした時に社会科見学に行く事と思います。斯く言う我が娘も小学校の社会科見学でお世話になったこの施設、首都高湾岸線、東扇島の高速道路を通った時にも目にすることができます。
「川崎マリエン」は平成4年(1992年)3月に市民と川崎港の交流を深めるため川崎市によって造られたコミュニティー施設です。タワー棟10階展望室は地上51m。360°まるごと見渡せます。
天気の良い日には川崎港はもちろん、東京湾を行きかう大型船や羽田空港から離発着する飛行機などの美しい夜景も楽しめます。また川崎港のジオラマ模型も展示されており港の全容が解る仕組みで小さな子供さんから大人が行っても楽しい施設です。それに皆様お馴染みのテレビドラマ「相棒」(水谷豊さん主演)のロケでも使われたことがあります。

(画像クリックで拡大します。)

建てられてから何度か外壁の改修工事は行われているとの事でしたが、「3階軒天外壁パネル」の改修工事ははじめてとの事、只今現地調査がほぼ終わり、GW明けの5月中旬頃から足場工事が始まります。10月の「川崎港まつり」までには完工予定ですので「港まつり」にお越しになられる方は改修後のきれいな姿をご覧いただけると思います。海風が強く天気の影響を受け易い現場ですので安全に十分注意をして作業してまいります。ご来場の節は足場が架かっており大変ご不便をおかけしますが何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

着々と進んでおります。 

2017/1/20

皆様こんにちはいつも弊社のサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。
あっという間にお正月が過ぎ、1月ももう下旬になりましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今日は高津消防団二子班の器具置場の新築工事の現場のリポートです。
年末に型枠工事が済み鉄骨建方工事が行われたばかりの現場にお邪魔しました。
この現場、交番の並びの小さな敷地(建築面積38㎡)を利用して消防団さんの詰所やポンプ車等々を収める為に建てられるものなのですが、大きな地震や災害時の事を考えて地中6メートル迄杭を打ち、鉄骨で作られる堅牢な造りになっております。
工事自体は昨年末から始まっているのですが中々ご紹介できなかった部分も含め一挙写真公開したいと思います。

(画像クリックで拡大します。)

上の写真は杭工事の様子です。3mの杭2本を溶接により繋いでいる写真です。

(画像クリックで拡大します。)

そして地業工事が終わった状態です。これから鉄骨建方が始まります。

(画像クリックで拡大します。)

皆様の御協力の御蔭で工事も順調に進んでおります。これも各建築業者様のご支援の賜物です。本当に毎日お疲れ様です。心より感謝申し上げます。完工まで残り二ヶ月程です。怪我や事故には、充分気を付けて、完成まで宜しくお願い致します。
最後までご拝読ありがとうございました。



いよいよです。 

2016/10/19

皆さんこんにち、いつも弊社のサイトにお越し頂き、誠にありがとうございます。
今日は末長小学校の続きからご紹介します。
末長小学校は床工事が始まりました。古い塗装やラインを削って塗装の直しとコートラインの引き直し
工事を行なっています。
まず始めに機械で研磨、ドラムサンダーと言うまるで「車輪の無いスクーター」の様な研磨機で大きな面を研磨していきます。細かいところはディスク式グラインダーに掃除機を取付けたような研磨機で研磨していました。

(画像クリックで拡大します。)


粗掛けが終了したら経年劣化で欠けてしまった部分をパテ等で補修します。中掛け、仕上げと3回の研磨工程を終了したら次は清掃してウレタン塗装に入ります。ウレタン塗装は下塗り、中塗り、仕上げと3回行います。

(画像クリックで拡大します。)



下塗り、中塗りの各塗装後にポリッシャーで研磨、そして各コートラインの養生及び塗装を行います。
ところで皆さんは体育館のコートのラインの色ってどこの学校でも大体同じ色を使っているって知っていましたか?白はメインバスケットコート、黄色は6人制メインバレーコート、緑はバドミントンコート、青はミニバスケットコート、水色は小学生用バレーコート、赤は6人制サブバレーコートと色によって使い分けられているんです。余談ですが、今を去ること20云年前の学生時代バドミントン部に所属していた私には1つ疑問がありました。「何でラインの色の見間違えで試合結果が左右されることがないのだろう?」今頃その答えに出逢った気がします。気づくのが遅すぎですが...
上塗りをすると建築当時のような床面がよみがえりました。

(画像クリックで拡大します。)

この床工事が完了すると、いよいよ工事も終盤になります。並行して行われていた外回りの工事も急ピッチで進められ、市役所様の完了検査の準備(書類作成等)に入ります。体育館の中を喜んで走り
回る児童さん達の姿ももうすぐで見られることでしょう。
今日のところはここまでで又次回は違う現場の様子をお知らせしていきたいと思います。
最後までご拝読ありがとうございました。

体育館改修順調です。 

2016/10/5

皆さんこんにち、いつも弊社のサイトにお越し頂き、誠にありがとうございます。
今日は末長小学校と西梶ヶ谷小学校の体育館改修工事の現場にお邪魔しました。
末長小学校は丁度内部の塗装が終わり足場の解体工事中です。
足場担当の鳶さん達が手際よく上から順番に足場の棚板を外しリレー方式で下に
おろしておりました。高所で不安定な所の作業にもかかわらず、どんどんと解体が進み
手際よく下ろされていく様子は見ていて感心してしまうくらい速くて正確な動きでした。

(画像クリックで拡大します。)

この解体工事が終わると床工事に入ります。
そして西梶ヶ谷小学校の体育館は内部・外部共に久本小学校より一足先に塗装が終わり床工事の真最中です。
今日は研磨された床にクリアー塗料を塗る作業が行われておりました。
ほこりが立ってしまうとせっかくの塗装が台無しになってしまうので全ての窓を閉じ
風が立たない様に環境を整えて塗装が始まりました。
細かい部分は刷毛で塗り、広い面はフロアーモップの様な幅広いもので塗っていきます。

(画像クリックで拡大します。)


この後ライン引き等があって完了ということになります。
今後の工事の進捗は又、随時ご紹介できたらと思っております。
最後までご拝読ありがとうございました。

小黒恵子童謡記念館をご存知でしょうか? 

2016/09/23

皆さんこんにち、いつも弊社のサイトにお越し頂き、誠にありがとうございます。
今日は先月末から工事が始まった小黒恵子童謡記念館耐震補強その他工事の現場に
お邪魔いたしました。
皆さんは小黒恵子童謡記念館をご存知でしょうか?

(画像クリックで拡大します。)

元は130年以上も前の明治12年に建築された和風建築の木造個人宅を改装して作られた小さな
ミュージアムです。故小黒恵子さんは川崎市高津区諏訪にお住まいだった童謡作家さんでした。
NHKの「みんなのうた」でおなじみの歌を多数残されています。
平成3年に童謡文化の普及 啓発を目的として私財を投じてミュージアムを開設されました。
また「後世までこの文化を残していきたい」との思いから、平成16年に川崎市へ遺贈の申し入れを
されておりました。
平成26年にお亡くなりになった為、市の方で遺贈を受け耐震工事が始まりました。

(画像クリックで拡大します。)

下部の写真は2階の天井部分の写真です。重厚な梁の骨組みが年代を感じさせます。
一目見ていただいても解るように黒い柱や梁が伝統的な日本の木造建築の匠の技を伝えています。
耐震化工事では建物全体の骨組みはそのままで耐震金物と呼ばれる金物等を使ってこれから来るで
あろうと言われている大震災に備えます。
何せ130年以上も前に作られた木造建築の骨組みを残し改築が重ねられた建物なので全容のわから
ない所も多々あって設計士さんも現場監督さんも打ち合わせを重ね最善策を検討して工事にあたっています。

(画像クリックで拡大します。)
IMG_0367.jpg

平成29年4月のリニューアルオープン予定との事、12月末の工期完了に向けて工事は着々と進んで
おります。
川崎市には藤子不二雄ミュージアムや岡本太郎美術館等、著名な方々の遺贈された作品を展示しているミュージアムが数件あります。ここもまたそれらと同じように後世に残っていく素敵なミュージアムになっていくことを願っています。
今日のところはここまでで、これからも随時ご紹介していく予定です。
最後までご拝読ありがとうございました。